大会のご案内

第49回日本香粧品学会

メインテーマ:
皮膚から「みる」 香粧品の未来予想図

会場内で現金による当日参加申込・懇親会申込受付は行っておりません。

会期当日でもオンライン上からお申込みいただければ、会場およびオンライン上で大会に参加いただくことができます。
参加はこちらから受け付けております。

日時:
2024年6月28日(金),29日(土)
開催方式:
ハイブリッド開催(会場+Live配信)
場所:
日経ホール(+オンライン)
東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル 3F
Tel.03-6256-7686
交通:
千代田線
「大手町駅」神田橋方面改札より徒歩約2分
丸ノ内線
「大手町駅」サンケイ前交差点方面改札より徒歩約5分
半蔵門線
「大手町駅」皇居方面改札より徒歩約5分
東西線
「大手町駅」西改札より徒歩約9分
「竹橋駅」4番出口より徒歩約2分
会頭:
小幡誉子(星薬科大学)
副会頭:
水谷友紀(コーセー)
大会参加費:
第49回日本香粧品学会参加費早見表
事前※※
(~5月13日(月)まで)
通常※※
(~6月29日(土)まで)
会員 13,000円 15,000円
非会員 18,000円 20,000円
学生会員 1,000円 2,000円
学生非会員 2,000円 3,000円
懇親会 10,000円 12,000円
オンライン視聴 事前参加費 or 通常参加費 +7,000円

※オンラインで参加する場合,上記の参加費と併せて「オンライン視聴費」をお支払いただく必要がございます。
※※決済方法はクレジットカードと郵便振替になります。
いずれの決済も可能な期間が「事前」,郵便振替の決済が選択できない期間が「通常」です。
なお、請求書兼払込用紙を郵送いたしません。受付完了通知メールの振込先にご入金ください。

懇親会:
2024年6月28日(金)18:30~(予定)
如水会館(東京都千代田区一ツ橋2-1-1)予定
問合せ先:
日本香粧品学会大会事務局
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5
アカデミーセンター
Tel. 03-6824-9367 Fax. 03-5227-8632
E-mail. jcss-desk[at]conf.bunken.co.jp([at]を@に変更してください。)
大会参加費:
第49回日本香粧品学会参加費早見表
事前※※
(~5月13日(月)まで)
通常※※
(~6月29日(土)まで)
会員 13,000円 15,000円
非会員 18,000円 20,000円
学生会員 1,000円 2,000円
学生非会員 2,000円 3,000円
懇親会 10,000円 12,000円
オンライン視聴 事前参加費 or 通常参加費 +7,000円

※オンラインで参加する場合,上記の参加費と併せて「オンライン視聴費」をお支払いただく必要がございます。
※※決済方法はクレジットカードと郵便振替になります。
いずれの決済も可能な期間が「事前」,郵便振替の決済が選択できない期間が「通常」です。
なお、請求書兼払込用紙を郵送いたしません。受付完了通知メールの振込先にご入金ください。

参加予約:
決済方法はクレジットカードと郵便振替になります。
請求書兼払込用紙を郵送いたしません。受付完了通知メールの振込先にご入金ください。
ご入金を確認後、会期2週間程前に講演要旨及び参加証を郵送いたします。
なお、一度お振込みいただいた参加費は払い戻し致しませんので、ご注意ください。
申込締切:
クレジットカード決済
2024年6月29日(土)
郵便振替
2024年5月13日(月)
問合せ先:
日本香粧品学会大会事務局
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5
アカデミーセンター
Tel. 03-6824-9367 Fax. 03-5227-8632
E-mail. jcss-desk[at]conf.bunken.co.jp([at]を@に変更してください。)

一般研究発表の申込方法

第49回日本香粧品学会 一般研究発表演題募集要項
第49回日本香粧品学会 発表申込み/要旨原稿投稿 Web受付のご案内
スライド例「口頭発表に際し、開示すべき利益相反(COI)がない場合」
スライド例「口頭発表に際し、開示すべき利益相反(COI)がある場合」
記載例「ポスター発表に際し、開示すべき利益相反(COI)がある場合」
日本香粧品学会 発表時におけるCOI基準

要旨:
要旨はWeb 上で入力する方式になります。
WWeb上で入力した内容がそのまま要旨集に反映されます。なお、締切前は随時Web 上で修正可能です。
発表申込内容はご確認の上、ご入力くださいますようお願い申し上げます。
申込締切:
申込締切:2024年2月29日(木)まで
募集テーマ:
香粧品科学の進歩向上に寄与することを目的とし、香粧品科学全般に関するもの。
(注)以下に該当するものは対象としませんのでご注意願います。
(1) 外用以外の使用法
(2) 香粧品の範囲を超えた治療医薬品とみなされるもの
発表資格:
責任発表者(登壇者)は、本学会会員並びに賛助会員の所属社員に限らせていただきます。
新規入会を希望される方は下記サイトまたは学会誌「入会のご案内」を参照してください。
http://www.jcss.jp/about/join.html
  • 学生会員の発表が可能です。口頭発表、ポスター発表どちらの形式でもお申込み可能です。奮ってご応募お待ちしております。
  • 演者をやむをえず交代する場合には、共同発表者の中から代理を認めます。ただし、代理発表者(登壇者)は、本学会会員(正会員, 学生会員)並びに賛助会員の所属社員に限らせていただきます。非会員の方、あるいは、賛助会員所属でない方は入会願います。また、速やかに大会事務局にご連絡ください。
  • 責任発表者(登壇者)は、ひとり1演題限りといたします。
倫理的配慮:
人および動物を対象とした研究はそれぞれ倫理委員会の承認を得た場合のみ申込が可能です。発表申込時に承認が得られていない場合は、申込することができません。なお、倫理委員会で承認済であることを要旨およびスライド、ポスターに記載してください。
利益相反:
口頭発表の場合には発表時のスライド2 枚目で利益相反について明示ください。
記載方法は学会公式サイト(http://www.jcss.jp/)の例示をご参考ください。
利益相反については、各項目の基準額をHP(http://www.jcss.jp/)に提示する予定です。
基準額を1 項目でも超えた場合は、超えた項目について記載してください。
採択について:
発表申込締切後に開催される大会運営委員会にて審議し、4月に通知申し上げます。

発表方式

  1. 発表形式: 口頭発表(講演時間8 分、質疑4 分の予定)または ポスター発表
    *原則的に会場現地での発表となります。
    *大会運営委員会で審議した結果、発表形式を変更いただく場合は、 採択結果と同時にお知らせします。
    *詳細は採択通知後にあらためてご案内します。
  2. 発表方法:口頭発表の場合、液晶プロジェクターとWindows 対応のパソコンを用意します。
    *Macintosh を使用される方は、ノートパソコンをご持参下さい。
    *ポスター発表の詳細は採択通知の際に案内予定。
採否に関する注意事項:
演題の採否に関する選考に当たっては以下の条件を考慮する。
  1. 手法、結果、および導き出される結論が不明瞭なものは採択しない。
  2. 明らかに商業目的と見なされる発表は認めない。
  3. 倫理的に十分配慮すること。
  4. 本邦における化粧品技術者会等の関連学会・研究会においてすでに発表した内容は原則的に認めない(未発表データを追加した場合はこれに限らない)。それ以外の学会・研究会で発表したものは可とする。
問い合わせ先:
第49回日本香粧品学会大会事務局
e-mail:jcss-desk[at]conf.bunken.co.jp([at]を@に変更してください。)
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
(TEL:03-6824-9367 FAX:03-5227-8632)
※なるべくe-mailにてお問い合わせ下さい。

※募集要項に関する情報更新は、本ページでご確認下さい。

大会期間中は、全ての講演(一般研究発表演題、会頭講演、特別講演、文化講演、シンポジウム含め)における写真撮影、録音を禁止と致します。
特許申請について
学会で公表しても特許申請の手続きができますが、当該例外規定の適用を受けるためには所定の手続が必要です。詳細は特許庁ウェブサイトの「発明の新規性喪失の例外規定の適用を受けるための手続について」をご参照ください。
発表要旨集の発行日は、2024年5月31日の予定です。

◆◇ 第49回 日本香粧品学会のみどころ ◇◆
テーマ:皮膚から「みる」香粧品の未来予想図

 第49回日本香粧品学会は、"皮膚から「みる」香粧品の未来予想図"をテーマに2024年6月28日、29日に大手町の日経ホールで開催されます。より多くの方々にご参加頂けるよう、現地開催とあわせてライブ配信を行う予定です。今回は、皮膚の病態や機能の理解を深め、再生医療や個別化医療につながる特別講演をはじめ、ヒトを対象とする研究における倫理面の課題に関するシンポジウム、化粧品の安全性保証の新たな基準についてのパネルディスカッションなど香粧品に関連した幅広い分野の議論ができる場を準備しています。一般研究演題もたくさんご応募いただきました。初めての取り組みとして優秀な発表に対する会頭賞の授与や、出展企業との情報交換の確率を高めるためにスタンプラリーを企画中です。今年は懇親会を5年ぶりに再開します。本大会を機に参加される皆様が香粧品の未来を想像し、新たな価値を創り上げていかれる一助になれば幸いです。

プログラム紹介

■□■ 特別講演 ■□■
特別講演には、ご活躍中のお二人の先生を講師としてお招きしました。臨床から基礎まで幅広く研究に取り組まれ、皮膚の病態や機能を鮮やかに解明されている久保亮治先生(神戸大学)と、iPS細胞を用いてミニ多臓器(オルガノイド)の作成に成功し、再生医療や個別化医療領域を牽引されている武部貴則先生(東京医科歯科大学)にご登壇いただきます。

■□■ シンポジウム ■□■
シンポジウムⅠでは法的・倫理的な側面から人を対象とした研究について香粧品分野の課題を専門の先生方にご講演いただき、シンポジウムⅡでは最新技術により皮膚を観ることで得られた最先端の研究知見をご紹介いただきます。

■□■ パネルディスカッション ■□■
国際情勢を見据えた化粧品の安全性保証に関する新たな考え方について粧工会主催のパネルディスカッションを開催します。

■□■ 一般研究演題 ■□■
香粧品の有効性、安全性、機能性、そして皮膚機能に関する最新の研究成果の発表が口頭及びポスターで予定されています。初の試みとして優秀な発表に対して会頭賞を授与します。

香粧品学が今後どのような価値を目指して発展していくのか、参加される皆様が様々な視点で考える機会となりますことを期待しています。

2024年6月28日(金):1日目

9:30~
開会挨拶 会頭: 小幡誉子(星薬科大学)
9:35~
会頭講演 『新時代を拓く香粧品科学』
10:05~
一般研究演題(1) 4題 発表領域: 有効性
10:55~
一般研究演題(2) 4題 発表領域: 皮膚老化
11:45~
昼休み・ポスターセッション①
13:45~
挨拶  理事長: 石河 晃(東邦大学)
13:55~
シンポジウムⅠ 倫理指針に関するセミナー
  1. 香粧品分野の研究倫理とは
    田代 志門(東北大学)
  2. 生命科学・医学系研究の倫理と非医学系研究の倫理
    ─化粧品研究を中心に─
    横野恵(早稲田大学)
  3. 個人情報保護法について
    古川泰斗(個人情報保護委員会事務局)
15:35~
休憩(15分)
15:50~
一般研究演題(3)3題 発表領域: 皮膚特性
16:30~
特別講演Ⅰ「皮膚に現れる様々なパターンから機能と病態を考える」
久保亮治(神戸大学)

2024年6月29日(土):2日目

9:10~
総会
9:40~
第11回優秀論文賞授賞式・受賞講演
10:00~
特別講演Ⅱ「オルガノイド研究の可能性ーヒト全層皮膚の人為的再構成」
武部貴則(東京医科歯科大学)
10:45~
一般研究演題(4) 3題 発表領域: 色素・神経
11:25~
昼休み・ポスターセッション②
13:25~
シンポジウムⅡ 最新技術で皮膚を観る
  1. 皮膚表皮顆粒層の機能的細胞死コルネオトーシスを観る
    松井毅(東京工科大学)
  2. Volume EMで観てはじめてわかる皮膚のメソスケール
    太田啓介(久留米大学))
  3. 1細胞解像度で観る皮膚・毛包の発生
    森田梨津子(大阪大学)
  4. 1細胞レベルで観るヒト皮膚線維芽細胞の不均一性と加齢変化
    板井恵理子(コーセー)
15:05~
休憩(15分)
15:20~
一般研究演題(5) 3題 発表領域: 毛髪・皮脂腺
16:00~
一般研究演題(6) 3題 発表領域: 安全性
16:40~
休憩(15分)
16:55~
パネルディスカッション
「化粧品の安全性保証の新たな考え方:Next Generation Risk Assessment (NGRA) の行政利用に向けたチャレンジ」
  1. 動物実験を用いないリスク評価(次世代リスク評価;NGRA)の概要と期待
    廣田衞彦(日本化粧品工業会 NGRA WG/ 資生堂 ブランド価値開発研究所)
  2. A systemic toxicity safety assessment on the UV filter Benzophenone-4 
    Matt Dent(Unilever Safety and Environmental Assurance Centre, UK )
  3. パネルディスカッション
    廣田衞彦(日本化粧品工業会 NGRA WG/ 資生堂 ブランド価値開発研究所)
    豊田明美(日本化粧品工業会 NGRA WG/ 資生堂 ブランド価値開発研究所)
    畑尾正人(日本化粧品工業会/コスメティックアライアンスパートナーズ)
    笛木 修(医薬品医療機器総合機構)
    山田隆志(国立医薬品食品衛生研究所)
    伊藤晃成(千葉大学)
    小野 敦(岡山大学)
17:55~
会頭賞発表 会頭:小幡 誉子(星薬科大)
18:00~
閉会挨拶 次期会頭:海老原 全(東京都済生会中央病院)

第49回日本香粧品学会の機器展示を募集しております。
詳細はこちらをご覧ください。

あわせて講演要旨集に掲載する広告も募集しております。
詳細はこちらをご覧ください。

準備が整い次第、公開いたします。

【第49回会頭賞について】

1.目  的:
今回の第 49 回日本香粧品学会では、香粧品の基礎及び応用に関し、独創的な研究業績を上げつつあり、これらの分野の将来を担うことが期待される一般研究発表演題発表者(口頭発表、ポスター発表)を奨励すべく、会頭賞を設けております。
若干名を表彰し、ホームページにて褒賞の旨を掲載します。
2.選出方法:
厳正な審査を経て、優れた一般研究演題発表に会頭賞を授与します。
3.発  表:
閉会式にて会頭賞受賞者を発表します。但し、授賞式は実施いたしません。
後日、受賞者には賞状および副賞を贈呈いたします。

【スタンプラリーに関するご案内】

第49回日本香粧品学会では、企業展示をめぐるスタンプラリーを実施いたします。
3,4階展示会場の企業ブースをめぐってスタンプを集めましょう。
スタンプ台紙に5つスタンプを集めた方から先着で2日間合計で50名様にQUAカードを差し上げます。
奮ってご参加ください。

期間:
6月28日(金) 10:00-17:00 ※景品が無くなり次第終了
6月29日(土) 10:00-17:00 ※景品が無くなり次第終了
会場:
企業展示ブース(日経ホール 3、4階ホワイエ)
方式:
現地参加者限定
料金:
無料
内容:
期間中に3,4階展示会場にて企業ブースをめぐってスタンプを集めます。

①参加証に「スタンプラリー台紙」がついています。
②スタンプラリー台紙は参加者ご本人専用です。代理でスタンプをもらうことはできません。
③企業展示会場で、企業ブースを訪問し、必ず名刺を交換の上担当者からスタンプラリー台紙にスタンプを押して
 もらってください。
④スタンプラリー台紙に5つのスタンプが集まったら、スタンプ台紙を切り離し、受付内スタンプラリーデスクの
 スタッフにお渡しください。
⑤2日間合計で50名様に景品としてQUAカード1,000円分を差し上げます。
 ※景品がなくなり次第終了となりますのでご了承ください。

香粧品2024

 駅周辺図


 アクセス


 3F会場図


 4F会場図


 駅周辺図_懇親会