大会のご案内

6月25日,26日 有楽町朝日ホールでの会場開催見送り、及び
第46回日本香粧品学会 完全オンライン開催への変更のお知らせ


  第46回日本香粧品学会は、オンラインでの開催と有楽町朝日ホールでの開催を合わせたハイブリッド形式での開催にむけ、準備検討を進めてまいりましたが、新型コロナウイルス感染の拡大、またそれに伴う緊急事態宣言の発令を受け、有楽町朝日ホールでの開催を見合わせ、完全オンライン開催に変更することを決定いたしました。
これに伴い、本大会に限り、下記の取り扱いとします。

  1. 2021年6月25日,26日 有楽町朝日ホールでの会場開催は見送りとし、特別講演、一般発表、展示を含むすべてをオンライン上で開催することといたします。
  2. 一般発表については動画作成による配信とライブでの質疑応答を行う形とし、採択された演題のすべてを口頭発表として取り扱います。
  3. 会場開催見送りに伴い参加ができなくなった方の旅費、宿泊費のキャンセル料等の費用は一切負担いたしかねます。

会場でのご登壇、ご参加を予定いただいていた皆様、関係者の皆様には大変なご迷惑をおかけする事となり、大変申し訳ございませんが、皆様のご理解、ご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

今後の情報につきましては、適宜WEBサイトにてご案内いたします。

2021年2月12日

日本香粧品学会
理事長 石河  晃
第46回日本香粧品学会
会 頭 正木  仁
副会頭 前澤 大介
大会運営委員会
委員長 常深祐一郎

第46回日本香粧品学会

メインテーマ:
『環境と上⼿く付き合うための香粧品』

日時:
2021年6月25日(金),26日(土)
開催方式:
ハイブリッド開催(会場+Live配信)
オンライン開催
場所:
有楽町朝日ホール
東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン 11F
Tel.03-3284-0131
交通:
JR(山手線・京浜東北線)有楽町駅,東京メトロ(丸ノ内線・銀座線・日比谷線)銀座駅,東京メトロ(有楽町線)有楽町駅 下車徒歩1~2分
会頭:
正木 仁(東京工科大学)
副会頭:
前澤大介(癸巳化成)
大会参加費:
会員(会場・オンライン)13,000円
非会員(会場・オンライン)18,000円 ※入会申請中の方は会員料金となります
学生会員(会場・オンライン)1,000円(要学生証提示)
学生非会員(会場・オンライン)2,000円(要学生証提示)※入会申請中の方は学生会員料金となります
決済方法:
クレジットカード、郵便振替
備考:
  • 会場・オンラインの参加費は同額になります。会場は人数制限がございますので、人数が達し次第申込を締め切らせていただきます。
  • 今大会は事前参加申込のみです。会場での当日参加申込は原則ございませんのでご注意ください。
  • クレジット決済による参加申込は会期当日まで可能です。決済後にオンライン配信が専用サイトにて即時視聴可能になります。
問合せ先:
日本香粧品学会大会事務局
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5
アカデミーセンター
Tel. 03-5389-6496 Fax. 03-5227-8632
E-mail. jcss-desk[at]bunken.co.jp([at]を@に変更してください。)
大会参加費:
会員(会場・オンライン)13,000円
非会員(会場・オンライン)18,000円
学生会員(会場・オンライン)1,000円(要学生証提示)
学生非会員(会場・オンライン)2,000円(要学生証提示)
参加予約:
決済方法はクレジットカードと郵便振替になります。
請求書兼払込用紙を郵送いたしません。受付完了通知メールの振込先にご入金ください。
ご入金を確認後、会期2週間程前に講演要旨集及び参加証兼領収書を郵送いたします。
なお、一度お振込みいただいた参加費は払い戻し致しませんので、ご注意ください。
申込締切:
クレジット決済:2021年6月26日(土)
郵便振替:2021年4月28日(水)
問合せ先:
日本香粧品学会大会事務局
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5
アカデミーセンター
Tel. 03-6824-9367 Fax. 03-5227-8632
E-mail. jcss-desk[at]bunken.co.jp([at]を@に変更してください。)

一般研究発表の申込方法

第46回日本香粧品学会 一般研究発表演題募集要項
第46回日本香粧品学会 発表申込み/要旨原稿投稿 Web受付のご案内
演題申込み用テンプレート
スライド例「口頭発表に際し、開示すべき利益相反(COI)がない場合」
スライド例「口頭発表に際し、開示すべき利益相反(COI)がある場合」
記載例「ポスター発表に際し、開示すべき利益相反(COI)がある場合」

申込締切:
2021年2月28日(日)まで
募集テーマ:
香粧品科学の進歩向上に寄与することを目的とし、香粧品科学全般に関するもの。
(注)以下に該当するものは対象としませんのでご注意願います。

(1) 外用以外の使用法
(2) 香粧品の範囲を超えた治療医薬品とみなされるもの

発表資格:
責任発表者(登壇者)は、本学会会員並びに賛助会員の所属社員に限らせていただきます。
新規入会を希望される方は下記サイトまたは学会誌「入会のご案内」を参照してください。
http://www.jcss.jp/about/join.html
  • 学生会員の発表が可能です。口頭発表、ポスター発表どちらの形式でもお申込み可能です。奮ってご応募お待ちしております。
  • 演者をやむをえず交代する場合には、共同発表者の中から代理を認めます。ただし、代理発表者(登壇者)は、本学会会員(正会員, 学生会員)並びに賛助会員の所属社員に限らせていただきます。非会員の方、あるいは、賛助会員所属でない方は入会願います。また、速やかに大会事務局にご連絡ください。
  • 責任発表者(登壇者)は、ひとり1演題限りといたします。
倫理的配慮:
ヒトを対象とする医学研究においては,ヘルシンキ宣言に基づき,医学研究以外のヒトを対象とする研究においては,ヘルシンキ宣言の趣旨・精神を踏まえ,研究者の倫理に反することがないよう,研究を行うこと。
利益相反:
口頭発表の場合には発表時のスライド2枚目で、ポスター発表はポスター右下に利益相反について明示ください。 記載方法は本ページから取得できる例示をご参考ください。
採択について:
発表申込締切後に開催される大会運営委員会にて審議し、4月に通知申し上げます。

発表方式

1.発表形式:
1)口頭発表(講演時間8分、質疑4分の予定):24題を予定
2)ポスター発表:オンライン(動画提出※mp4ファイル)を予定
*エントリー時に、口頭発表、ポスター発表どちらかをご希望かご選択戴きます。 但し、最終的な採択は大会運営委員会の判断とさせて戴きます。
*大会運営委員会で審議した結果、発表形式を変更いただく場合は、採択結果と同時にお知らせします。
*ポスター発表はmp4ファイル(~10分程度)でご提出いただく予定です。
参加者との質疑応答はシステム上で行っていただきます。
採択通知後に要項・動画作成マニュアル・提出方法等をあらためてご案内します。

口頭発表のみ:オンライン(動画提出※mp4ファイル)を予定。
参加者との質疑応答はオンライン上(Live配信による口頭)とシステム上(チャット形式)で行っていただく予定です。
採択通知後に要項・動画作成マニュアル・提出方法等をあらためてご案内します。
採否に関する注意事項:
演題の採否に関する選考に当たっては以下の条件を考慮する。
  1. 手法、結果、および導き出される結論が不明瞭なものは採択しない。
  2. 明らかに商業目的と見なされる発表は認めない。
  3. 倫理的に十分配慮すること。
  4. 本邦における化粧品技術者会等の関連学会・研究会においてすでに発表した内容は原則的に認めない(未発表データを追加した場合はこれに限らない)。それ以外の学会・研究会で発表したものは可とする。
問い合わせ先:
第46回日本香粧品学会大会事務局
e-mail:jcss-desk[at]bunken.co.jp([at]を@に変更してください。)
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
(TEL:03-6824-9367 FAX:03-5227-8632)
※なるべくe-mailにてお問い合わせ下さい。

※募集要項に関する情報更新は、本ページでご確認下さい。

撮影、録音について
大会期間中は、全ての講演(一般研究発表演題、会頭講演、特別講演、シンポジウム含め)における写真撮影、録音を禁止と致します。
特許申請について
学会で公表しても特許申請の手続きができますが、当該例外規定の適用を受けるためには所定の手続が必要です。詳細は特許庁ウェブサイトの「発明の新規性喪失の例外規定の適用を受けるための手続について」をご参照ください。
発表要旨集の発行日は、2021年5月31日の予定です。

第46回日本香粧品学会プログラム(PDF)

◆◇ 第46 回 日本香粧品学会のみどころ ◇◆
テーマ「環境と上手く付き合うための香粧品」

皮膚は私たちの体の最外層にあり、様々な環境ストレスに対応して恒常性を維持している重要な器官です。皮膚は環境ストレスに対応し、その対応能力を超えた時に様々なトラブルを発生させます。香粧品は、対応能力を超えた環境因子によるストレスを緩和し、より良い状態の皮膚を維持するために不可欠なものであると考えられます。そこで、本会では皮膚に影響を及ぼす環境ストレスについて明らかにし、本会での議論がこの環境ストレスに対応するためのより良い香粧品の研究・開発の方向性を共有できるきっかけとなればと考え「環境と上手く付き合うための香粧品」をメインテーマとして掲げました。

プログラム紹介

シンポジウムとパネルディスカッション
シンポジウムでは、より良い香粧品を開発していくうえで避けては通れない新規医薬部外品添加剤の認可の問題、さらに、香粧品学会としてのテーマである光老化の予防におけるサンスクリーン製品の現状についてのパネルディスカッションを企画しました。

特別講演
特別講演としては、医薬基盤・健康・栄養研究所ワクチン・アジュバント研究センターの国澤純先生に皮膚免疫機能に及ぼす食の役割について、東京工業大学の吉田尚弘先生には地球環境変化と物質のSustainable Development Goals(SDGs)についてお話しいただくことになりました。

一般研究演題
口頭36題と、新しい研究成果が盛りだくさんです。
香粧品の有用性や安全性および皮膚生理などの様々なテーマについて、新しい香粧品を生み出し皮膚を健やかに保つための議論の場を提供できればと考えております。
多くの方と会場にて意見交換ができることを楽しみに、お待ち申し上げます。

2021年6月25日(金) 1日目

9:30~
開会挨拶 会頭 正木 仁(東京工科大)
9:35~
会頭講演 「環境に対する皮膚の応答-in vitro知見を中心に-」
10:05~
一般研究演題(Ⅰ)4題(発表8分,質疑4分)
10:55~
休憩(10分)
11:05~
一般研究演題(Ⅱ)3題(発表8分,質疑4分)
11:45~
昼休み(75分)
13:00~
理事長挨拶
13:10~
一般研究演題(Ⅲ)4題(発表8分,質疑4分)
14:00~
休憩(10分)
14:10~
一般研究演題(Ⅳ)4題(発表8分,質疑4分)
15:00~
休憩(10分)
15:10~
特別講演Ⅰ 「皮膚に及ぼす食の免疫学的影響の理解と応用」
 國澤 純(医薬健栄研)
15:55~
一般研究演題(Ⅴ)3題(発表8分,質疑4分)
16:35~
休憩(10分)
16:45~
一般研究演題(Ⅵ)4題(発表8分,質疑4分)
17:35~
案内

2021年6月26日(土) 2日目

9:30~
第9回優秀論文賞授賞式・受賞講演
9:45~
一般研究演題(Ⅶ)5題(発表8分,質疑4分)
10:45~
休憩(10分)
10:55~
一般研究演題(Ⅷ)5題(発表8分,質疑4分)
11:55~
昼休み(75分)
13:10~
一般研究演題(Ⅸ)4題(発表8分,質疑4分)
14:00~
特別講演Ⅱ 「我々は地球とつながっている。-地球環境変化、物質循環とSDGs-」
 吉田尚弘(東京工業大)
14:45~
休憩(10分)
14:55~
シンポジウム テーマ「グローバル環境から見た医薬部外品(添加物)開発の将来」
  1. グローバルに見た機能性を求める化粧品の現状と新規承認に関する考え方
    佐々 齊(SCS コンサルティング)
  2. 医薬部外品添加物承認申請における動物実験代替法の利用と留意点
    小島 肇(医薬品食品衛生研)
  3. 皮膚科医からみた医薬部外品の安全性評価の問題点
    伊藤正俊(東邦大)
  4. 動物実験代替法を用いた、医薬部外品・化粧品の安全性評価ガイダンスの作成状況について
    廣田衞彦(粧工連)
16:35~
休憩(10分)
16:45~
パネルディスカッション テーマ「紫外線による皮膚の老化を防ぐサンスクリーンの新効能の意義と考え方―産官学の各視点から―」
  1. 皮膚の健康と日常からの紫外線防御の重要性
    森田明理(名古屋市立大)
  2. サンスクリーン剤による光老化防御効能を目指す産業界の取組み
    藤原留美子(粧工連,資生堂・グローバルイノベーションセ)
  3. パネルディスカッション
    森田明理(名古屋市立大)
    藤原留美子(粧工連,資生堂・グローバルイノベーションセ)
    徳留嘉寛(城西大)
    宇津 忍(PMDA)
    座長: 畑尾正人(粧工連)
17:45~
閉会挨拶 次期会頭:五十嵐良明(国立衛研)

準備が整い次第、公開いたします。

準備が整い次第、公開いたします。